仕事内容

HOME > 学生のみなさまへ:仕事内容

経営指導員・経営指導員研修生

経営指導員

経営指導員は、地区内における小規模事業者の経営及び技術の改善発達を図るため、金融・経理・経営などについての相談指導にあたるとともに、経営、技術上の知識の向上を図るために、講習会等を開催しています。

又、地域産業の振興に必要な地域の経済的特色などの条件の把握、分析などを行い、小規模事業者の経営上役に立つような情報及び資料の提供等を行っています。

経営指導員研修生

経営指導員研修生は、原則として2年間の研修期間を経過した後、経営指導員として任用されるものです。この研修期間中には県連合会で、商工会の基礎知識 を身に付けるほか、1年次に1ヶ月間、2年次にも1ヶ月間中小企業大学校で経営指導員として必要な知識を得るための研修を受講すると共に、2年次には実務 研修として6ヶ月間現場の商工会で体験実習を行います。

(小規模事業者とは、常時使用する従業員数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の商工業者をいいます。)

商工会事務職員(経営支援員)

小規模事業者に対する経営支援の補助及び商工会運営全般に係る業務及び

小規模事業者に対する経理及び税務支援に係る業務に従事します。